11-04:クチコミを発生させる仕掛けづくり(実情)

クチコミの広告効果というのは、ほかの広告をはるかにしのぎます
整体院を流行らせていこうと思うなら、一ヵ月の新患は20名もあれば十分です。しかし、クチコミが広がってくると、クチコミだけでこの数を達成してしまいます。
私も、季節を問わず毎月だいたい20名前後の紹介をいただき、ありがたいことに施術が不可能なほどの患者数になっていきました。これだけの強力な集客力をもつクチコミです。ぜひしっかりと獲得していただきたいものです。

何十人も紹介してくれる人もいる

クチコミが広がっていく際には、”カギ”となる患者が現れます
非常に多くの知り合いを紹介してくれる方です。
家族に始まって、親戚、友人、近所の人、会社の同僚、上司、スポーツクラブの仲間等。こちらが驚くくらい知り合いを紹介してくれるのです。
こういう方は顔が広く、周囲から信頼されている人が多いので、
「あの人がいうなら間違いないだろう」
おいう形で、次から次へと知り合いが来院されるのです。
彼らが多くの患者を紹介してくださる背景には
「自分自身が元気に回復した喜びを周囲の人にも伝えたい」という思いと「自分の症状を改善してくれた整体院に恩返しをしたい」という2つの思いがあるようです。

家族以外のクチコミが出てきたらホンモノ

クチコミにもいろいろなレベルがあります。自分の家族を紹介する場合から、友人、会社の上司、昔世話になった恩人などです。その中でも患者が一番紹介しやすいのは自分の家族です。
これは、紹介した整体院を気に入ってもらえなかったとしても、それほど気まずい思いをしなくてすむからです。とくに自分の子どもだったりすると、施術費を出すのも親の自分であるわけですから、気軽に連れてくるでしょう。
しかし、これが他人になるとそうはいきません。当然、お金を払わせるわけですから、相当信用のある整体院でなければ、なかなか気楽には紹介できないでしょう。とくに会社の上司や恩人など、自分にとって立場が上の人を紹介する場合は非常に気を遣うものです。
クチコミで他人、とくに患者より立場のうえの人を紹介してくれるようになれば、整体院のレベルは相当高くなっている証拠だと思います。

遠方からも来院してくれる

クチコミが広がってくると、遠方からの来院も増えてきます。
開業当初はどうしても寝所の住人の来院から始まります。歩いてこられる距離、車で少し走ればこられる距離、電車で数駅の距離、だいたいこの程度だと思います。
しかし、整体院が流行ってくると、徐々に遠方からの来院が増えてきます。近県からの来院が増え、気がつけば、まったく別の地方からの来院もでてきます。
そして、遠方から来られる方のほとんどがクチコミです。車を3時間飛ばして来院していただいたり、飛行機や新幹線で来ていただいたりします。
クチコミの力はこれだけ強大なのです。

失敗したらクチコミが止まる

先にお話ししたような、多くの患者さんを紹介してくれる方がおられたとします。
その方の紹介でこられた患者に施術を提供し、効果を出し続けていきます。紹介で来られた方は施術効果が出やすいので、さらに多くのクチコミを発生させます。しかし、その過程でまれにどうしても効果の出ない患者が現れます。
こういう効果の出にくい患者が一人でも現れると、この時点でクチコミがストップすることが往々にしてあります。今までドンドン紹介してくださっていた人がほとんど紹介してくれなくなるのです。
紹介してくれる人は、「あの整体院は、信頼できるから紹介しても大丈夫」という思いから、多くの人を紹介してくださいます。しかし、一度でも施術に失敗すると「誰にでも効果があるわけじゃないんだ」という考えに切り替わり、クチコミの速度が急激に減速するのです。
これに関しては、施術効果を100%に近づけていく努力が必要なのですが、ある程度は仕方ない部分だと思います。

 

関連記事