【成長記録(加納)006】本日の授業は筋肉の基礎と肩関節の話でした

いよいよ本格的な授業が始まりました。
授業を受けるのが楽しみで仕方ありません。
好きなことはワクワクしますね。

◎筋肉の基礎と肩関節の話

本日の授業は【肩に関する基礎知識】でした。 人間の身体は全身が筋肉でできています。 実に600以上の筋肉があるそうです。 肩も筋肉と骨が繋がってできています。 私たちは自分の身体が動くのは「当たり前」としか捉えたことはありません。 でも中身が見えないから、分からないんですよね。 例えば「関節」の内部構造について、関節のなかで骨と骨がぶつからないように、何十年もスムーズに動く様に、壊れない様に守られた構造になっています。 身体の構造は、非常に繊細に緻密に関わり合ってできています。 人間の身体は、まさに精密機械であり実に神秘的なものなんですよね。 セラピストを目指し始めて、ようやく意識する様になりました。 知識の習得とともに、磨き続けていく必要があるスキルがあります。

◎プレゼンテーション(話し方)

プレゼンテーションの中で、クライアント様の情報を収集し、言葉を引き出し、自分自身で認識していただくことの大切さを学びました。 「認識を変えてさしあげる」 クライアント様が、施術院に来られるのは体調不良の状態で来られます。 頭のなかの状態はこんなふうになっています。
・私の身体もう良くならない
・何しても治らない
・肩が痛い(揉んだら治る)
・うちの家系はみんなそうなんです そういった誤った思い込み(マイナスイメージ)
を変えてさしあげることも大切です。 体調不良の原因は様々です。 目指すは、人間が本来持っている力を取り戻すことです。 そのお手伝いができることを嬉しく思います。

◎具体的事例について

施術された方の、事例を講義の中でお話いただきました。 実際の実例ですから、より具体的にイメージしやすく、体調がどんどん改善されていく過程と、クライアント様の笑顔が目に浮かび、嬉しくなってしまいます。 この事例はそのまま、自分が体験したものと思えるぐらいのものとして吸収することが大切だと教わりました。 まだ最初の一歩にすぎませんが、日々精進、凡事徹底してまいります。 本日もありがとうございました。