個別相談会・参加者のご感想(2021-7-12)

個別説明会で素直に感じたことは、この施術が広まれば、世の中に健康で、笑顔が弾ける人が確実に増えるだろうという事でした。

荒田代表のおっしゃった言葉が私の心に響きました。

「散髪にくるような感覚で、ふらっと施術を受けて身体のケアをする。そんなことが日常である時代が来て欲しい」

強い強いメッセージです。

世の中に、このような施術があることを知ることが出来るのは、残念ながら限られた人のみだと思います。

スクールをはじめられて20年との事ですが、正直これ程の施術が、未だ世の中に普及したとはいえないのが、不思議で不思議で仕方ありません。

これ程、即効果が出る施術です。

口コミで広がるのでは?

特に今の世の中ですから、SNSで拡散されてもなんら不思議ではありません。

自分をイメージして考えてみました。

自身が効果を自覚し、それを知人に伝える時はどう考えるだろう?

施術効果が抜群なのは実感しているものの、いざ伝えるとなると‥

どう伝えればいいのか分からず、伝えるのを躊躇するかもしれないです。

まだまだ成長する業界であり、必要とする方は決して減らないと思います。施術を受けるのが当たり前であり、体調を崩す前に、未病の段階で予防するといいう時代にするべきだと強く思います。

自分自身が独立経営し、笑顔になれる方を周りに、そして全国に増やすことが出来るかもしれない。

楽しみで仕方ありません。

お話の中で、以前から気になってた点を質問させて頂きました。

荒田代表の著書で、開業テナントは「路地裏店舗」がいいとのことでしたが、私の現在の職業柄(ドラッグストアの店舗開発)ですと出店立地については、技術、認知度があるテナントさんの場合でしたら、住宅地等のインサイド立地での出店も十分出店可能なことは理解出来ます。

しかしながら「1階じゃない方が良く、2階、3階の方が良い」とのことが理解出来ませんでした。

理由として、「1階だと一見さんが入ってくるから」とのこと。

確かに、ホームページの内容やクライアント様の事例をしっかり読みこんでから施術を受けるのですから施術目的を持った人しか来ない。

確かな技術があれば問題はない。

上層階でのテナント出店でしたら、一見さんは回避できますし予約制ですので、1階である必要はない。

大いに納得しました。

併せて、「そうは言っても、最初の訪問時にクライアント様の視点では凄く不安な状態で来られるのですごくマイナスではないのか?」という密かに思っていた疑問も「信頼は後で挽回できる」との言葉で一気に解決しました。

ありがとうございます。

また「脳」のお話が強く印象に残りました。

脳が身体をコントロールすること。

司令塔であること。

全てをつかさどること。

そして、脳に刺激を与え自己回復力を高める手助けをする。

脳の素晴らしさは以前から感じていましたが、荒田代表のお言葉の中で、「施術効果があまりない人は、病気が治らない行動を自らがとっている」

例えば、掃除してない汚い部屋、身体によくない食事等とのお話がありました。

普段私たちは、毎日毎日様々な決断をしています。

全て自分の意志で決めていると思い込んでいました。

身体の調子が悪いと、身体以外のことにも影響がでている。

例えば部屋を散らかす、悪食をする。これらもまた、自分自身が決断(無意識)し、病気が治らないような行動をとっている。

*まさか自分自身でそうなるよう仕向けているとは思いもよりませんでした。*

逆に、身体の状態が良くなれば、何故か自然と(無意識)掃除したくなることも多々あるとのこと。

自分自身も確かに、施術期間中に部屋を掃除したくなった記憶があります。

人間の身体には、未だ開発されてない未知の力があるんですね。

改めて脳(心)と身体が一体のものであると感じ、普段の思考、発言、行動は別々のものでなく一体なのだと実感できた瞬間でした。

個別説明会でお話を伺い、これだけの専門知識、技術を学び、クライアント様の期待に応え続けること。

中途半端な気持ちでは失敗するに違いありません。

本気の学び、経験値を増やす実践力、ぶれないメンタル力、そして必ず成功してやるという強い意志が必要です。

これらを「凡事徹底」という自分との戦いの中で、継続し続けることが間違いなく必要だと感じました。

「使命」という言葉が適切かどうかは分かりません。

チャンスを頂けるなら是非「4回講習」に参加させて頂きたいです。

思えば、私のワンストップカイロアカデミー様との出会いは、15年前に遡ります。

仕事で強烈なストレスを感じ、大阪から三重県に転勤のタイミングの送別会の当日に、突然目眩を起こし緊急搬送されました。

10
日間の入院後、医師からのアドバイスは、「三半規管が壊れてるから後は自分の脳の力で自己回復するしかありません。どんどん運動をして下さい」との突き放したような言葉でした。

まだ目眩が続く状態の中でしたので医師のこの言葉は「もう治療のやりようがないから後は自分で頑張って!」そんな言葉に聞こえ不安しか無かったです。

日本人のDNAでしょうか。

先生の言うことは絶対であり、間違いはない。そんな思いもありましたが、念のためセカンドオピニオンで他の病院も受診しました。

しかし返ってくる言葉は同じです。

諦める他なかったです。

それでも体調不良が半年間続き、藁にもすがる想いで、情報収集し、幸運にも名古屋市で開業されていた西村先生に巡り合い、施術を受けることができました。

あれから15年経ちますが、先生の包み込んでくださるお話、接し方、雰囲気にすごく安心した事を覚えています。

当時、この施術を学びたいと西村先生に申し出て、現在募集はしていないとのお言葉に落胆しました。

そして先月から再び不調になり、再びご縁を頂き、高畠先生の施術を受けさせていただいてます。

その日、何気なくホームページを拝見して、個別説明会がある事を発見し申込をし、こうして荒田代表とご縁ができました。

このタイミングに感謝です。

何か不思議な存在に背中を押されているような気がしてなりません。