【成長記録022】17回目の授業!泌尿器の座学と聞き取り、プレゼンテーションの実技

【座学】

本日の授業では泌尿器の症状について学習いたしました。尿が生成され排出されるまでの過程や、他の臓器との関連性についても詳しく教えていただきました。人の体は全てつながっていて、他の臓器と連動していること。常に体全体を思い描きながら理解することが大切だというアドバイスを頂きました。本来難しいはずの知識も分かりやすく噛み砕いて教えて下さるので、そのままクライアント様にお伝えすることが出来ます。また、クライアント様の命を守るために、緊急時に診察してもらう病院をしっかりと決めておかなければならないというお話もお聞きしました。病院の設備、救急に対応出来るかどうかを事前に調べておく必要があるということ。この判断が命を大きく左右するといいます!とても大事なことですので、お越し下さったクライアント様や自分の周りの方にも必ず伝えて差し上げようと思います。

【実技】

本日の実技は、症状の聞き取りとプレゼンの練習を行いました。症状の聞き取りでは、お越しになった方に対し、親身になって問題解決に向かう姿勢が大切だということ。その際の細かな所作や話し方など、様々な点をご指導頂きました。第一印象が全てを決めると言っても過言ではないので、綻びのない自然なやり取りをイメージしながら練習に励みます!プレゼンに関しては、型どおりの会話ではなく、相手のためになるお話が出来るかどうかが重要です。自分で決めたマニュアルに縛られずに、相手の状況に合わせた興味深い会話が出来るように心がけたいと思います!

【独立・成功に向けてのアドバイス】

本日は“本気で人生をかけて取り組むことの大切さ”についてお話をして下さいました。何かを本気で習得したいと思うのなら、自分の生活の全てを賭けて退路のない状態で取り組まなければいけないということ。生半可な気持ちでは大成することは難しいので、全精力を傾ける必要があるというお話でした。周りの人に感謝をしながら、モチベーションを常に高く持ち続け、人生の中で1番頑張ったと言えるような日々を過ごしたいと思います!