【成長記録010】5回目の授業!股関節の仕組み、プレゼンテーションの実技

【座学】

 

本日の授業では股関節について学習いたしました!

いつもながら実際に来られるクライアント様の症例と照らし合わせながら進めていただけるので、

自分で施術をする時のイメージを強く持つことができ、とてもありがたいです(^^)

毎回、最良の状態で知識を学べている実感があり、勉強という概念が大きく変わった気がいたします。

 

学ぶ内容におきましても、股関節の症状には治るものと治らないものがあること、股関節が腰や首を守ってくれていること、

予防こそが最高の策であることなど、現場の経験から生まれる貴重なお話ばかりで、ぐいぐいと引き込まれていきます!

 

その中でも特に印象に残ったのは、“クライアント様の30年後、50年後の健康を守る”というお話です。

お越しいただいた際に悩まれている症状を全て解消して差し上げた上で、その方が年を重ねても元気な体をずっと維持できるよう、

長期的な視野でのケアをすることが私たちの務めになってまいります。

そのためには、クライアント様の信頼をしっかりと得られる人間でなくてはいけませんので、一つ一つ小さなことを積み重ねて

自分を高めていきたいと思います!

 

 

【実技】

本日の実技も前回から引き続き、プレゼン練習です。

 

“言葉を全てはっきりと届けることが施術効果を上げる”というお話は随分と理解できるようになってきました。

私は言葉を磨くために、イメージトレーニング、YOUTUBEへの音声投稿&確認、普段の会話での言葉遣いや抑揚を意識してみたり、

自分にできることなら何にでもチャレンジしている状態です。

何としても上達したい!と願ってはいるものの、劇的に変わることが出来ずに、地団太を踏んでおります。。

 

一番の問題は意識がどうしても自分の中にいってしまい、目の前の相手の表情から理解度を読み取るレベルに進めないことです。

どんなに素晴らしい施術であっても、目の前の方の理解を得られなければ効果が高まることはありません。

“言葉が一番のセラピーである”といつも教えていただいておりますので、ここを磨くことなくして成功はないと考え、練習に励むのみです。

習得には並大抵ではない努力が必要ではありますが、高い施術効果につながり、自分自身の人生を豊かにしてくれます。

生涯の職業を得るとはこういうことなのだと思います。

誰もが苦手とし、敬遠しがちなこのスキルを身に付けることが未来のクライアント様の笑顔につながりますので頑張ります!

関連記事