07-02:成功するシステムをつくろう(料金設定)

整骨院などがおこなう”保険治療”と、それ以外の治療院でおこなう”実費治療”の2つがありますが、整体院は”実費治療”のみです。
料金設定には
*地域の相場に合わせて設定する
*安い料金からスタートする
この二通りが考えられます。
成功する料金設定について考えていきましょう。

地域の相場に合わせて料金を設定する

この方法では、まず開業しようと考える周囲の整体院、治療院をリサーチし、平均的な料金を割り出します。そして同程度に設定します。
「料金に差がないなら内容はどうだろう?」
と新しい整体院に患者の目が向きます。整体院の内容が優れていれば、多くの来院者を獲得することができるでしょう。
これが一般的な料金設定方法です。

安い料金からスタートする

開業当初、例えば周囲の治療院の料金が5000円であれば自院は2000円程度に設定します。周囲と比較してかなり安い料金に設定すると、通常料金で開業するより数倍の来院数が見込めます。患者たちに十分なスキルで対応していけば、短時間で患者がドンドン増えていき、だんだんと患者であふれるような状態になってくるでしょう。まずは、この状態をつくります。
患者が増えてきたら料金を周囲と同程度に上げていきます。
料金を上げると患者が離れていってしまうように感じるかもしれませんが、私の経験では意外にもそういったことはほとんどありませんでした。
患者には、
「開業当初は、多くの方に来ていただくため、持ち出し覚悟で料金をお安く設定していました。今回料金を上げましたが、実はこれが無理をせずにすむ料金なのです。ご理解いただければと思います」
といった正直な説明は必要となります。患者が施術内容に満足していて、今までの料金を「非常に安い」と感じていたなら意外と離れていかないものなのです。
この方法は、「地域の相場に合わせて設定する」やり方よりも、成功する速度が格段に速くなります。
私もこの方法を実践して非常にうまくいきました。

 

まとめ

・料金設定は「地域の相場に合わせて設定する」「安い料金からスタートする」の2種類があり、しっかりしたスキルがあればどちらでも成功できる。
・「安い料金からスタートする」方法は、短期間で成功できる。