03-03:代替療法の効果はなぜ出るのか

整体やカイロプラクティック等の代替療法を職業にしよう…と考える際、
”なぜ代替療法で健康回復するのだろう?”と思われる方は多いと思います。

ここでは”代替療法で健康回復できる理由”について、簡単にご説明させていただきます。

自然治癒力の存在

まずは自然治癒力の存在を知りましょう。自然治癒力とは、人間が生まれながらに持っている自動的に治る力のことをさします。
※運動後の筋肉痛や小さな腹痛が何も処置しないのに勝手に治ってしまった…こういったことは殆どの方が経験されたことがあると思いますが、これがまさに自然治癒力なのです。

自然治癒力は働きが鈍くなることがある

意識することは殆どないと思いますが、自然治癒力は様々な要因によって働きが鈍くなることがあります。
そしてこの自然治癒力の働きが鈍くなると、筋肉の回復力が落ち慢性的な肩こり腰痛になったりするのです。
体を治す力のレベルが変動するというのは理解しづらいかもしれませんが、
”体温が下がると免疫力も落ちる”など、医学的に解明されている部分もありますので、
自然治癒力のレベルが変動するというのは間違いない事実と考えられます。

自然治癒力は何らかの刺激で高まる

働きが鈍くなった自然治癒力は、何らかの刺激で高まることがあります。
整体、カイロプラクティック、気功、鍼灸、ヨガ…etc。
手技手法は違えど、それぞれの手法で健康を回復する人がおられるのは、
その代替療法によって加えられた刺激が自然治癒力を高め、それによって健康が回復するのです。
”薬を使わない何らかの刺激で自然治癒力が高まる”という現象が存在することで
様々な代替療法が生まれ、それを提供する職業も存在すると理解いただければと思います。

次の授業へ



TOPページ