【成長記録(加納)007】本日の授業は首に関する基礎知識でした

身体の仕組みを知っていくのが楽しくて仕方ありません。

【前回の復習と質疑応答】

授業は、mind map形式の資料を講義いただき、一言一句漏れなく書き留めていくことから始まります。
分からなければ、分かるまで聞くようにご指導いただいてますので、分からないことは、その場で質問し不明点を無くすよう心がけています。
復習が非常に重要です。
しかしながら現状は、初めて聞く用語も多く理解するのに時間がかかります。
今回も、前回授業で習ったものの腑に落ちない点について質問させていただきました。
その場で、具体例を交えた回答をいただけますので、スッキリした状態で次の講義に進めます。

【テーマ首に関する基礎知識】

本日の授業(座学)

首や筋肉の構造の理解を深めながら学びました。

◎背骨について

背骨は首から腰まで繋がり、身体を支え、骨と骨の間に椎間板があり、クッションの役目をしているから体を動かすことができる。
また脊髄など重要な神経を守る役目があることを学びました。
本当に人間の身体は複雑であり、これほど精密な構造で成り立ってることが素晴らしいです。
人工的に作ることなんて出来ません。

◎背骨は湾曲している

なぜ背骨は湾曲してるのでしょうか?
力を分散させて逃しやすくするためです。
「反力」(はんりょく)という言葉があります。
物体にかかる外力に抗して発生する力のことです。

例えば、歩くだけでも「反力」は発生します。
歩いて地面を踏むと、反力(帰ってくる衝撃)が必ずあります。
普通は臀部(お尻)でその力を受け止めます。
しかしながら、骨で受け止めてしまうことがあります。
1回の反力は小さいものでも、長期的に受け続けると首に負担がかかります。
知らず知らずに負担がかかってるんですね。
これからは歩き方も意識してみようと思います。

◎首の筋肉について

筋肉は、複雑多岐にわたります。
先生の方針は、超実践的な知識です。
現場で必要な知識に絞って覚えることに特化しています。
いくら知識を深掘りし覚えたとしても、現場で使える知識でないと意味がありません。
常に、独立開業を意識して、教わったことを即使えるように知識を備えていかねばなりません。

◎首の痛みについて

よくある事例として、「椎間板ヘルニア」「頸椎症」を学びました。
痛みの原因は様々です。
人間の身体は精密機械なのですから、原因を特定するのもやっかいです。
当スクールの施術は、安全安心で危険性はゼロです。
身体の歪み、自律神経を整えることにより人間が本来持っている力を引き出すセラピーです。
だからこそ伝えたいと思います!
「試す価値ありますよ」と。
民間療法を取り入れるという選択も大いにあると思います。

◎症例

実際の症例ですので、まるで自分が体験してるような錯覚を覚えます。
症状の聞き取りを経て、1回目の施術で劇的に改善され、完治に向かう経過を学びます。
クライアント様の体調が改善し、笑顔溢れてる様子が想像でき、嬉しくなります。
自分がプロとして施術させていただき、クライアント様の笑顔を導けるよう日々精進、凡事徹底していきます。

本日もありがとうございました。