プレ講習(4回完結)3回目(2021年7月8日)参加者:川渕

プレ講義3日目は独立開業の流れを学びました。どのような分野で独立をするにしても、とても為になる有意義な時間でした。
まず業界の事を知り、適性を考える事。適性とは施術者としてだけではなく、独立者としての適性をも考えます。そこから実際に目指す状況を明確化します。施術レベルや日時場所、収入、来院数等、明確にすることで、大体こうであればいいか程度だとうまくいかない為しっかり数値化することが重要です。その後は医学知識、施術方法、現場での実践方法の習得をしていきます。実際に開業しお客様を迎えても、医学知識がなければ困りごとに対して安心感を与えられるようなことを話せないですし、お客様側もマンツーマンで会話すると知識がないことに気づき信頼関係は結びづらくその後の施術効果にも大きく影響します。施術方法もたくさん知るよりも実際に現場で使い効果の高いものに絞ることで確実に成果となって現れます。様々な方法を知っていても実際に現場で効果を実感できるものでなければお客様も定期的に行こうとはなりません。
また、現場での電話対応やメールの返信、初回や2回目以降での対応も実際の施術の効果に大きく影響します。前回学んだ、脳が主であることと関連しておりなるほどと思いました。お客様と縁ができた瞬間から施術は始まっているのだと思いました。困っていることをしっかり聞き適切な返答をする、施術方法をわかりやすく説明する、施術後の説明をする、記録をしっかり残しておく。2回目以降も早期回復を目指し施術し効果を実感できれば、信頼を得られるものだと思いました。
また施術経験を積みトライアンドエラーを繰り返し、フィードバックをすることでどのような症状を抱えている人が来ても怖くないレベルまで習得することと自営業マインドを持つことが長期的に経営を安定させるものだと学びました。何かを極めるために技術は繰り返し学び続けることが重要であることは大体の人は理解していることだと思いますが、自営業マインドは全員が持っているものではないと思います。掃除や節電、考え方や行動の習慣化というのは意識していないとなかなか継続できるものではありません。本日講義中でその考え方が出来ているか振り返りながらまだ甘いかと思ったので、自問自答を繰り返しながら意識していきたいと思いました。また開業ができたとしてもその先何年、何十年と続くよう数字を把握することと時代の波に乗り柔軟な姿勢や変化に察知する繊細さも肝になるのだと学びました。ありがとうございました。