ストーリー1

こちらのサイトを立ち上げるまでの背景として、私自身がどのように整体・カイロプラクティック業界を歩いてきたのか、その軌跡をお話しさせていただければと思います。

 

エンジニアの仕事をしていた私が脱サラし、カイロプラクティック業界に飛び込んだのは、27歳の時でした。まったくの異業種、そして人脈のない状態での再出発。当初はなにもわからない状態で、ただ「腕のよい施術家になり、人の体に貢献したい」そのゆるぎない思いだけを胸に抱いておりました。

 

まず、カイロプラクティックスクールに入学した私は、勉強するかたわら空き時間には町の治療院でアルバイトを始めました。この業界に夢と希望を持ち、時間を惜しみ、率先して経験を積んでいきます。

ですが、スクールで学んだ技術を使ってアルバイト先で施術しても、思いのほか効果を出すことはできません。まったくとはいいませんが、患者を満足させるレベルではなかったようです。経験が浅いから仕方がないという問題ではなく、同じような治療・施術をしている先輩がたも、私とさほど変わらないような状態でした。スクールで週5日、医療的な知識や技術を学んできたものの、実践ではほとんど活かせません。

これで成功できるはずがない。

私が働いていた治療院は、一回数百円という保険治療を行っており、多くの患者が集まっていました。ここで結果を出せなければ、私の目指す一回数千円の実費施術(カイロプラクティック)開業での成功などおぼつかない。。不安は徐々に膨らんでいきました。

 

私は、数か月でカイロプラクティックスクールをやめ、業界紙やインターネットでいろいろな情報を集めはじめました。情報を集めていくうちに、腕のよい治療・施術家から「現場で使える技術」を教えてもらうという方法にたどり着きます。

これは非常に効果的でした。

私は、多くの治療・施術家を訪ね、時には弟子入りをし、また彼らが主催するセミナーに参加しました。中には有名スポーツ選手のトレーナーをしている人もいましたし、難病を治すという気功の先生もおられました。そして、彼らから学んだ技術をアルバイト先で使い、経験を積むことによって、私の施術レベルは着実に向上したのです。

彼らとの出会いによって、技術の向上とともに業界の多くを知れたことも大きな収穫でした。

 

腕に自身がでてきた私はさっそく開業に踏み切ります。

業界に入って2年あまりのことです。

公庫から100万円を借り、自分の貯金と合わせて200万円で開業を果たしたのです。