【成長記録115】110回目の授業!クライアント様対応について

【実技】

本日は、クライアント様とのセッションを想定した練習をさせていただきました!
現在、多くのクライアント様のご対応をさせていただいている中で、会話の質を高める事が一番の課題です。
お持ちの症状に関する事はもちろんのこと、生活環境や思考についての会話も価値を持たせる必要があります。
“クライアント様の情報を得た上でなければ、適切なセラピーは出来ない”
スクールではいつもそのように教えていただいております。
先ずは、クライアント様の話をしっかり聞き、状況を把握すること。
そして、状況を理解しなければ出てこない言葉を使うことで初めて会話に価値が生まれます。
「話をして良かった」と本気で思っていただく為には、セラピストの聞く能力の高さと熱意が求めれれます。
こちらの心をオープンにし、クライアント様の想いを汲めるように努めてまいります。

関連記事