【成長記録104】99回目の授業!予約管理の手法についての座学

【座学】

本日は予約管理の手法について学ばせていただきました。
繁盛店とそうでない店は、予約管理の仕方も全く異なるということです。
予約は勝手に溢れるものではなく、意図的に溢れさせなければいけないということ。
スクールでは、その為にするべき事を細部に渡るまで教えてくださります。

混んでいるところに行きたい”というクライアント様の心理はどの業界においても同じです。
その心理を正確に把握し、イニシアチブを取る事が非常に大切になります。
治療院の分野においては、施術効果にも直結しますので、必ず混んでいる状態を目指さなければいけません。
それをどれだけ本気で取り組む事ができるか。
当月に予約が入っていても、翌月、翌々月の予約表が白い状態では、とても安定している状態とは言えません。
目指すべくは、3ヶ月先まで予約がビッシリ埋まっている状態です。
常に目標を高く持ち続けながら、取り組んでまいります!

関連記事