【成長記録086】81回目の授業!体の歪みを整えるセラピーのプレゼンの実技

【実技】

本日は、プレゼンの勉強として、女性スタッフの方のデモンストレーションを見せていただきました!
声の明るさ、テンポ、話の分かりやすさ等、改善すべき点がまだ沢山あることを再認識いたしました。
話の大まかな流れは同じでも、細部への拘りの有無によって別物になってしまうということ。一流とそうでないものの差は、ほんの小さなことの積み重ねの差であるということです。
常にクライアント様の反応を確認、そして心情を推測しながら、言語化していく。その繰り返しの先に、クライアント様の満足があるということ。
セラピーの本質を毎回ご教示いただけるので、ブレずに学ぶことができ、感謝でございます!
今より少しでも良いものを”という気持ちを持ち続け、アップデートを重ねていきたいと思います!
毎分毎秒成長しているイメージを持って、取り組んでまいります!