【成長記録085】80回目の授業!クライアント様対応についての座学

【座学】

本日は、“クライアント様の心情を言語化する”という話をお聞きいたしました!
我々セラピストは、セッションの中で常にクライアント様の言葉や表情の変化に敏感であること。そして、クライアント様の想いを推測し、言語化して差し上げることが大きな安心感につながります。この安心感こそが、治療をする上で絶対に欠かしてはいけないものであるということ。ご対応をさせて頂いている中でも、正にその通りだと思うことが多々ございます。
クライアント様と良好な信頼関係が築けるかどうかで全てが変わります。
スクール入学時から一貫して教えて頂いていることでもありますので、必ず身に付けなければいけません!
人を治す職業に就いているという自覚を強く持ち、お越しになる全ての方に、“本当に来てよかった!”と思っていただけるよう頑張ってまいります!