【成長記録027】22回目の授業!生殖器の症状についての座学、施術後の説明の実技

【座学】

本日は、生殖器の症状について教えていただきました!私たちが子孫を残すための大切な器官で、男女とも複雑な構造をしているのですが、先生が例え話などを交えて分かりやすく説明をしてくださるので、頭の中にスーっと染み込んでいきます^^
生理痛や生理不順など、女性特有の症状についての知識も、教科書に書かれているようなことではなく、実際の現場で経験された話などを盛り込んで教えていただけます。まるで私の頭の中に絵を描いてくださっているようで、直感的に知識を吸収することが出来ます。
これまで、体の各器官について学ばせていただきましたが、人の体というのは、精密機械よりはるかに繊細な構造で、まるで神秘的な小宇宙のようです。人に教えてあげたい!と思うようなことばかりですので、分かりやすくクライアント様にお伝えできるように何度も復習をして自分の財産にいたします!

【実技】

本日は、施術後の説明の練習をさせていただきました!施術によって改善が期待される症状について、一つ一つ丁寧に説明をしていくのですが、クライアント様が“なるほど!よくわかる!”と納得されるかどうか。この部分がしっかりできていることが何よりも大切であると教えていただきました!まだ現状では、言葉が浮ついてしまい、誰もが納得できるような説明はできておりません。先生にその度に説明の仕方を教えていただくのですが、あまりの分かりやすさに溜息が出るほどです!しかしこれは決して特殊能力ではなく、訓練で誰でも身に付けることができるということ。自分が話していることを自分で理解しながら聞く意識を持ったほうがいいというアドバイスをいただきました!一語一語に責任を持ち、聞き手に寄り添った話ができるように、日々訓練を重ねていきたいと思います!