【成長記録025】20回目の授業!心に響く分かりやすい話についての座学、聞き取り、施術後の説明の実技

【座学】

本日の授業では、“心に響くわかりやすい話”について教えていただきました。 これはセラピーの根幹と呼べる部分で、私がこのスクールに入学させていただいてから一貫して 取り組んでいることでもあります! なぜ、心に響くわかりやすい話が必要か? クライアント様は貴重なお時間とお金を使ってお越しくださります。 その際、自分が発する言葉はクライアント様の耳に届き、体全体に作用するので、 一文一文、価値があり、心に響くものをお届けするのがプロの務めでありマナーでもあるということ。 その積み重ねが信頼感に繋がり、セラピーの効果が劇的に高まるという話をお聞きしました! そして、独立してからも日々、クライアント様対応のシュミレーションを怠らないことも 大切だということです! 自分の武器である言葉は、常に磨き続けて最高水準のものでなくてはなりません。 私もこれから、言葉を使うプロとしての自覚を強く持って、練習に取り組みたいと思います! このスクールでは知識や話し方だけではなく、社会人としての正しい考え方についてもご指導いただけます。 どれだけいい腕を持っていても、社会人としての基盤がしっかりと出来ていなければ、 クライアント様の信頼を得ることはできません! 私は日々多くのことを学ばせていただいて、自分の内面が変化してきているのを感じています。 教えていただけることを全て吸収して、社会にしっかり貢献できる人間を目指します!

【実技】

本日は聞き取り、施術後の説明の練習をさせていただきました。 先生にご指導いただいた部分を組み込みながら、練習を重ねていますが、なかなかスムーズに話を進めることができずにいます。 会話のぎこちなさであったり、正しい日本語が使えていなかったりと、基本的なことを改善していく必要があります。 今の私にとっては、先生のお話を聞かせていただくことが何よりの勉強です! 話の内容や組み立て方、言葉の選択、間、スピード、声の出し方、相手の状況の捉え方など、学ぶべきところが盛りだくさんです! クライアント様の身体を気遣える姿勢を常に持ちながら、楽しい会話ができるように心がけたいと思います。 そして、話の内容と分かりやすさで感動していただけることを目標に頑張ります!

関連記事