【成長記録018】13回目の授業!呼吸器の座学とプレゼンテーションの実技

【座学】

本日の授業では呼吸器の症状について学習いたしました。 普段、私は何も考えずに息を吸ったり吐いたりしていますが、その仕組みについて詳 しく 教えていただくと、息一つするだけでも意識が大きく変化します。 この意識の変化が実はとても大切で、来られた方に正しい呼吸の仕組みをお伝えする ことが出来れば、 それだけでその方の意識が変わり、健康に向かわれることもあるのです。 私との出会いが健康を取り戻すきっかけになるなんて、考えただけでとても幸せな気 持ちになります! その為にはしっかりと相手に伝える訓練が欠かせません。 今回の授業も心に響くような内容ばかりでしたので、必ず自分のものにし、伝わるも のに 変化させていきたいと思います!

【実技】

本日もプレゼン練習を行いました。 私は前回、自分の中で大きな変化を感じることが出来たので、練習内容の方向性が間 違って いないことを確信して練習に励みました。 そして今回、途中で止まることなく言葉がスムーズに出てくるようになりました! 出来なかったことが出来るようになる喜びはひとしおです。 しかし、まだ完成ではありません。 次の課題は、“感情をこめて話す事”。 人の病が治る時、それは心が動く時です。 人の心を動かすには、心のこもった言葉が一番です。 機械には人の心を動かすことができません。 私は感情を抑えて冷静に話す癖があるので、自分の根本を大きく変えなければいけま せん。 次の階段を上るには、一人で練習を黙々とこなすだけでなく、人に積極的に会いに行 き、 心で会話をすることが必要だと思っています。 次回で大変身するイメージを持って頑張ります!

関連記事