06-01:失敗しないスクールの選び方

資質ある人がきちんとした指導のもとに努力を継続すれば、整体業界での成功はそれほど難しいことではありません。こちらでは、成功への近道ともいえるスクール選びについてご説明させていただきますので、ぜひお役立てください。

よいスクールの条件

スクールでは、治療技術・医学知識・臨床経験などを学びます。良いスクールの条件は、”レベルの高い治療技術・現場で使える医学知識・臨床経験・コミュニケーション術・経営手法・成功するための思考行動パターン”をできるだけ効率的に学べることです。このすべてを完全にスクールだけで学ぶことはできませんが、レベルの高い内容を提供しているスクールを選ぶ必要があります。

スクール選びのポイント

実際には、次のポイントからスクールのレベルの高さを推し量ることができます。

①卒業生の開業率とその経営状態

独立開業を大前提として通うのですから、そのスクールに独立開業者がいるかどうか、入学者に対しての「開業者の割合」を調べます。
カルチャースクール的な趣旨で運営されている場合ですと、卒業後に開業する人が存在しないケースも考えられます。
100人の生徒が入学しても、開業にたどりつけているのはほんの数人だけで、ほかはスタッフとして働いていたり、違う職業に就いていたりしているスクールもあります。
逆に30人の生徒のうち20人が開業していれば、独立開業に導けるスクールだといえます。
また、独立開業した卒業生が成功しているかどうかも重要です。開業者の多いスクール出身者なら経営も良好というケースが多いものですが、開業率と併せて経営状態についても調べてみていただきたいと思います。
スクールの事務局に聞いてもいいでしょうし、パンフレットに乗っている卒業生の整骨院を訪ねるのもいいでしょう。骨惜しみせず、自分の足で動いてみましょう。

②在校生の質

ともに学ぶ仲間の存在は、成功を目指す際にとても大きな力になります。できるだけお互いにプラスの作用を及ぼしあえる素晴らしい仲間と学んでいただきたいと思います。夢を語り合い、切磋琢磨しながら成長できる仲間というものは、その期間だけではなく生涯のよき友になる可能性があります。
多くの生徒が成功している活気のあるスクールでは、やる気に満ちた生徒たちが集まっているでしょう。逆に、覇気のない生徒が集まっているスクールもあります。生徒たちの顔は、スクールの顔です。
ぜひ、いろいろなスクールに足を運び、自分の目で生徒たちの様子を見てください。

③講師の経験

先生自身が整体院経営に成功させた経験をお持ちかどうかも必ずお調べください。
基礎医学などを担当する医師や歯科医ではなく、実技や現場に即したスキルを学ぶ際は、現場のことを知り尽くした人から学ぶことが大切です。現場で成功したことがない人が教科書を棒読みするような授業では、得られるものも少ないでしょう。
最短期間での成功を目指すには、現場で成功した人のリアルな声を聞きながら学ぶべきです。ぜひ、どのような講師から学べるのかを調べましょう。

これらからスクールのレベルの高さを推し量ることはできます。
ただ、スクールのホームページやパンフレットだけではわからないことも多いでしょう。候補に考えるスクールに赴き、スクールの在校生・開業者にどんどん会って話を聞くようになさってください。多くの生徒が成功しているスクールは、内容のレベルが高く、満足度が違います。スクールの内容だけで成功できるわけではないとしても、多くの人がそのスクールを選んだことに満足しているという事実が大切です。

 

補足として、いくつかの疑問にお答えさせていただきたいと思います。

Q:期間が短すぎるスクールは大丈夫でしょうか?

A:国家資格のスクールは3年という就学期間が定められているため短くなることはありませんが、民間資格では期間がさまざまです。2年程度が多いようですね。なかには数日から数ヶ月で独立開業できると謳っているいるスクールもあります。もちろん期間が短いスクールによくないものも多々存在します。しかし、期間が短くても、教えている技術のレベルは非常に高いスクールもあります。それらのスクールで学び、それだけで成功する人が存在しているのも事実です。
ただ、期間が短いスクールの場合、優れた技術は学べても医学の基礎知識や経験の蓄積は学べない場合が多いので、このあたりはなんらかの形で補う方法を探らなければならないと思います。
期間が短いスクールを選ぶ際も、前述の基準に照らし合わせて在校生・卒業生・講師たちに直接会ってみるといいでしょう。

Q:卒業するスクール(取得する資格)によって法律上の違いはありますか?

A:国家資格と民間資格では法的な違いがあります。
民間資格に関しては、どの資格でも、どのスクールを卒業しても、法的にはいっさい関係ありません。

Q:スクール選びで失敗してしまったらどうなりますか?

A:確かにスクール選びは重要ですし、よいスクールを選べば成功しやすいといえます。しかし、仮に失敗しても取り返すことはできます。”レベルの高い治療技術・現場で使える医学知識・臨床経験・コミュニケーション術・経営手法・成功するための思考行動パターン”さえ身につけることができれば、成功することは可能なのです。
スクールに問題があったとしても、よい研修所やメンターに巡り合うことができ、また、自分自身も努力をしてスキルをつくり上げることができれば可能性はあるでしょう。

 

よいスクールを選べれば、独立開業し成功するためにとても有利になります。
人生の分岐点ともいえるスクール選び。
労を惜しまず足を運び、そこで学ぶ人たちの生の声を聞き、しっかり選んでいただければと思います。