04-01:独立の基礎知識(必ず独立開業を目指そう!~就職との収入の差)

「整体業界で働くならば、

必ず独立開業しなくてはならない」

これが、一番はじめに皆さんにお伝えしたいことです。

この業界には、2つの選択肢があるようにみえます。
一つは独立開業。もう一つは町の治療院や病院、リハビリ施設、スポーツクラブへの就職です。

ですが、この業界では絶対に就職すべきではないと私は考えます(独立の通過点としてはOKです)。
というのも、この業界は一般の会社に就職する場合と違って大きな欠点を持っているからです。
それは就職した場合の収入が少ないということです。
具体的な収入を見てみましょう。

  整体院開業 整体師(就職) 整体師・新人時代
月収 約90万円 約25万円 10~20万円
年収 約1,000万円 約300万円 100~250万円

これはあくまで平均値ですので、年代や勤務場所、雇用形態によって幅があります。とはいえ、上記程度ならファストフードのアルバイト等でも稼げますし、家庭を持ち、人並みの生活をしたいと考えるなら…平均年収300万円では苦しいのではないでしょうか?
この収入の低さこそ、私が皆さんに独立開業をすすめる理由です。
就職するまでは「やりがいさえあればいい」と思っている人でも、就職後には「こんなはずじゃなかった」と後悔しているものです。

もちろん独立開業で成功することは簡単ではありませんが、適性のある方が正しい方向で進んでいけば、かなり高い確率で成功できると私は考えます。

「施術単価:5000円(平均的)・月の稼働日数:20日・1日の患者数:10人」
という現実的な計算で、経費を引いたとしても年収一千万円を超えることができます。

詳しくは「独立の基礎知識(年収・収益・収入)をご参照ください。

ぜひ短期間での独立成功を掴んでいただければと思います。